前へ
次へ

家庭教師を利用していて先生が来られないとき

学校の先生も人間ですから病気やけがをすることがあります。
何とか学校に来ようとする先生もいるでしょうが、インフルエンザなどに感染しているとさすがに授業はできません。
その時は先生がいないので生徒は自習をしたり、空いている先生が別の授業を行ってくれたりするようです。
大学などでは授業を担当する先生がいないときは休講になりその連絡がされるので授業に行く必要はありません。
先生が休んだ分の授業は他の日に急いで行ったり、時には臨時で授業日が設定されるときもあります。
家庭教師も同様に人間なので、病気や用事などで来られなくなるときがあります。
その時は事前に連絡があり、その日は授業が行われません。
派遣型の家庭教師場合はいつもと異なる先生が来て教えてくれる時もあります。
料金は授業毎に決まっているので、授業が行われなければその分損になってしまいます。
派遣型の場合は受けられなかった時に別の日に振替などができるので相談しましょう。

Page Top